エコビジョンからの提案

土壌汚染対策は他の環境リスクと比較して高コストとなる傾向があり、影響の大きい環境リスクとして捉えられてきました。
2010年4月の土壌汚染対策法の改正により、法が適用されるケースの増加が見込まれており、これまで以上に的確な対応が求められると同時に、高コストとなる掘削除去工法への偏重が改められ、より多彩な対策提案が求められます。
また、法令契機によらず事前に調査・対策を講じることにより、CSRの向上や債務圧縮に活用する動きも活発化してきました。
これら土壌汚染をとりまく状況の変化を的確に把握し、適切な対策を講じることで不動産取引の円滑化、自社資産の適正評価、ブランド力向上が図れます。

サービス内容

土壌汚染には段階を踏んだ調査・対策が必要です。
調査フェーズを進めていく過程で汚染可能性・範囲・深度を段階的に絞り込んでいくことで、最終的に対策を講ずるべき汚染土壌の総量を正確に把握するとともに、対策土量や対策コストを低減させることを目的としています。
エコビジョンでは、事業者間ネットワークの活用により、一連の調査から対策までワンストップ対応が可能であることから、調査フェーズの早い段階で対策方針や費用を把握することが可能です。
また、状況に応じた適切・低コストな対策手法をご提案・実施するとともに、リスクコミニュケーションも含めた幅広いサービスをご提供しています。

サービスの特徴

エコビジョンでは、調査から対策までワンストップで対応し、各段階での的確な報告書を作成することで、不動産取引や資産評価の際に提示が求められる記録・情報の管理を確実なものにします。
さらに土地の今後の用途や立地、不動産取引条件等を勘案し、複数の対策手法の長短所を示しつつ、特定の工法に偏重しない最適な対策手法の提案を行い、全国事業者間ネットワークを活用し、低コストでの対策実施を実現します。
また、専門性、総合力を活かした、環境デューデリ、複合環境リスク(埋設廃棄物等)への一括対応も可能です。

最適な工法 顧客の状況に応じ、特定の手法・工法に偏重しない適切なご提案 適正な価格 全国展開のネットワークを活用し、あらゆる地域・汚染内容にも低コストで対応可能
ワンストップサービス 適切な調査からの安心安全な対策まで一貫したサービスの提供 豊富な付加サービス 不動産取引時に必要となるデューデリジェンス、対策費試算、報告書レビュー等、バリエーション豊かなサービス